誰でも簡単にできる!踏み台運動でダイエット!

やはりダイエットに成功するためには運動は欠かせないもの。少しでも楽してダイエットしたいという人のために、簡単にできる踏み台ダイエットを紹介!これであなたも美脚になれる!

ダイエット中の食事と運動のかけあわせ方法

ダイエット中に必要なのは適度な運動と食事メニューの見直しです。
食事を減らせば良いとか、運動を頑張ってするということももちろんダイエットにはつながるかもしれませんが効果の現れ方や、その効果が一過性になることが懸念されます。
ダイエット中も運動と食事について考えてみましょう。

食事前の運動?食事後の運動?どっち?

そもそもダイエット中に行う運動は食事の前に行っていますか?食後に行っていますか?
そしてどちらの方が効果的なのでしょうか?…

食事前の運動メリットデメリット

食事前に運動することのメリットは空腹は血中にブドウ糖などの糖分がないので有酸素運動による脂肪の燃焼がダイレクトに始まります。
よって脂肪燃焼の効果が出やすく、ダイエットに効果的であると言えます。

しかし、空腹時の運動は運動に対するやる気やパワーが出ずに運動に怠けが入ってしまうことや、集中力が続かないなどマイナス部分もあります。

食事後の運動メリットデメリット

食事後は血中にブドウ糖や糖分があるため有酸素運動をすると先にそちらの燃焼から始まります。
次に脂肪燃焼につながっていくのでほんの少しだけ脂肪燃焼に時間を要します。
しかし、食事をとった後は元気も出て運動に対する集中力のアップも期待できます。

ただ食後の運動は内臓に負担をかけることがあり消化不良になってしまうことがあるので注意が必要です。

ダイエット中に食べたい食事メニュー

食物繊維、たんぱく質、炭水化物をバランスよく食べることが実はダイエットにつながります。
過度な食事制限、偏ったダイエットはダイエットが失敗してしまうばかりでなく体調不良も起こしてしまいますので気をつけましょう。

特に食物繊維とタンパク質は重要です。
野菜やキノコ類の食物繊維を含んだ食品とお肉や魚、豆腐などたんぱく質を含んだ食品は必ず摂取するようにしましょう。

食事メニュー例

朝ごはんにはサラダや野菜スープ、具だくさんのお味噌汁にパン又はごはんが良いですし、昼食はバランスよく昼間の活動エネルギーとなるのでしっかり和定食などを食べると良いでしょう。
夕食は腹八分目で玄米や雑穀米を使ったごはんや、冬なら野菜をたくさん食べられる鍋メニューがオススメです。

運動と食事をうまく組み合わせて健康的にダイエットをすすめていきましょう。

Comments
Simplue WordPress theme, Copyright © 2013 DicasLivres.org Simplue WordPress theme is licensed under the GPL.