誰でも簡単にできる!踏み台運動でダイエット!

やはりダイエットに成功するためには運動は欠かせないもの。少しでも楽してダイエットしたいという人のために、簡単にできる踏み台ダイエットを紹介!これであなたも美脚になれる!

運動でダイエットする場合に脂肪燃焼が期待できる自転車の効果とサドルの高さとインナーマッスル

ダイエットを行う方法としては食事制限を行う方法と運動でダイエットを行う方法があります。最もいい方法は両方を一緒に行っていく方法ですが、食事制限に関しては過度に行ってしまうと必要な栄養素も不足することとなるため、健康的に痩せることはできません。また継続していくと体重が減らない停滞期が起こり、リバウンドをする原因となってしまいます。それに対して運動でダイエットを行った場合には、運動能力の向上やインナーマッスルを含めた筋力の向上を期待することができ、基礎代謝が増加して太りにくい体を手に入れることができます。

運動でダイエットを行う場合には2種類の運動を組み合わせて行うと効果的です。一つは無酸素運動による筋力の強化です。無酸素運動というのは負荷が強い運動のことであり、筋力の強化につながります。代表的な運動としてはダンベルを使用した運動や、腕立て伏せ、腹筋運動、背筋運動、スクワットなどがあげられます。これらの運動は負荷が強い運動で長時間継続して行うことはできないでしょう。このような強い負荷での運動は筋肉の損傷を引き起こすことになり、その結果として成長ホルモンの排出を促進するようになるため、筋肉の増加が見込めるのです。その際に注意したいのがインナーマッスルの強化です。インナーマッスルというのは体の内部にある筋肉のことであり、外部にある筋肉と比較すると小さいのが特徴です。しかし、これらの筋肉は関節運動の際に骨をしっかりと関節に引きつけておく役割を果たすことで安定した関節運動を可能にします。この筋肉を鍛えることは安定した関節運動につながり、怪我を防止したりバランス能力の向上につながります。

二つ目の運動は有酸素運動です。軽い負荷の運動であり、軽く息がきれる程度の運動と考えるといいでしょう。運動でダイエットを行う場合におすすめの有酸素運動は自転車を利用した運動です。自転車は固定式のものを利用すれば屋内でも利用することができ、脂肪燃焼効果を期待することができます。脂肪燃焼のためには酸素が必要となるため、負荷の強い無酸素運動では行うことができないため、低負荷の有酸素運動で行います。自転車での運動で注意したいのはサドルの高さです。サドルが低いと股関節や膝関節が過度に曲がる状態になるため関節を痛めることになります。また、高過ぎる場合には十分にペダルに力を伝えることができないため運動効果がていかしてしまいます。最もいいサドルの高さはサドルにまたがり、両足を伸ばした状態で軽く両足が地面に付く程度の高さです。足全体が地面につく必要はなく、かかとが少し浮いた状態がいい高さです。この高さで運動を行えば、乗り降りの際に事故になることもありませんし、効率よく運動を行うことができます。テレビを見ながらや音楽を聞きながら行うこともできるため、時間を忘れて長時間運動することができます。時間は20分以上行うようにし、なれてくればこぐ時間をのばしたり、ペダルの重さを少し重くするなどの調整をおこなうことで更なる効果を期待できます。

Comments
Simplue WordPress theme, Copyright © 2013 DicasLivres.org Simplue WordPress theme is licensed under the GPL.