誰でも簡単にできる!踏み台運動でダイエット!

やはりダイエットに成功するためには運動は欠かせないもの。少しでも楽してダイエットしたいという人のために、簡単にできる踏み台ダイエットを紹介!これであなたも美脚になれる!

運動でダイエット 踏み台昇降運動/スローステップ  効果的な方法と継続時間は?

199
福岡大スポーツ科学部の田中宏暁教授が提唱するスローステップは、メタボ対策や寝たきり状態の防止に効果的な運動として注目を集めています。スローステップは体の負担が小さいわりには消費エネルギーが多く、運動の苦手な人、お年寄り、運動でダイエットしたい方におすすめな運動です。スローステップの足を引き上げる動きには、大腿四頭筋(ひざを伸ばすときに使う太もも前側の筋肉)や大臀筋(椅子から立ち上がるときや股関節を伸ばすときに使われるお尻の筋肉)、大腰筋(腰の内側から骨盤や背骨を支える重要な筋肉)などの筋肉を使います。これらの筋肉は加齢とともに衰えやすいため、弱ってくると転倒や寝たきりにもつながってしまうのです。スローステップでこれらの筋肉を鍛えると、骨格のゆがみが改善され、関節を支える筋肉が強化されるためか、ひざの痛みや腰の痛みが和らぐ人が多いという調査結果もあります。また大腿四頭筋のような大きな筋肉を鍛えれば基礎代謝量が増えるので、運動でダイエットしたい方にも嬉しい方法なのです。ではこのスローステップ、実際にはどんな運動をすれば良いのでしょう?
スローステップはいわゆる「踏み台昇降運動」ですので、20cmほどの高さの踏み台を用意すればすぐに始められます。これを一分間60回程度の、かなりゆっくりとしたペースで昇り降りします。1ステップが1秒で1セット4秒が目安です。

1・右足をのせる。
2・左足をのせる。
3・右足をおろす。
4・左足をおろす。

かならず昇り始めた足で降り始めます。ここまでがワンセットで次のセットは逆足の左足から始めます。足運びの順番に最初は戸惑うかもしれませんが、リズムよく「みぎ・ひだり・みぎ・ひだり」 「ひだり・みぎ・ひだり・みぎ」と心の中で唱えながら踏み台昇降運動をしていると、すぐに慣れてきます。また両足が揃うタイミングに膝(ひざ)をピンと伸ばすように意識すると、膝周りの筋肉も鍛えられますので、慣れてきたら是非意識してやってみてください。運動時間は1日30分が目安ですが、10分を3回でも構いません。続けることが大事ですので、自分にあったペースを見つけてください。田中教授いわく「息切れせず、笑顔でおしゃべりができるくらいのペースが最適」とのことです。手軽な運動でダイエットしたいという方なら、1分間の昇降数を80~120程度に増やしてチャレンジしてみてください。1分間に80回のスピードでもウォーキングの1.4倍の効果があるのだそうです。「運動する時間なんてない」という方、ジムやジョギングに出掛けなくても自宅内でサッと始められるこの運動なら、「たった10分の運動でダイエット」も夢ではないです
使用する踏み台ですが久しぶりの運動になる方や足腰に自身の無い方は、まず10cmくらいの台から慣らしていってください。高さが変えられる市販の踏み台が便利ですが、手に入りにくいなら手作りの踏み台を作る方法もあります。作り方は、自分の希望する踏み台の高さ(10cm~20cm)と同じ厚みがあるダンボール箱を探し、中に使用済みのカタログや雑誌などを隙間無くギッチリと詰め込みます。ガムテープでグルグルと固定して完成です。出来上がったダンボール箱はかなりの重さですが、この重さに踏み台を安定させる効果があるのです。これを床に置くのですが、台が滑ると怪我に繋がりますので、市販のゴムマットなどでズレないように工夫してください。

運動でダイエット方法のお風呂でマッサージとストレッチ時には水分補給を

近年、美容やダイエットに関心を持った人が高くなっています。テレビ番組や雑誌、関連本などが多数販売されています。
美容グッズもいろいろ登場しており、運動器具や、マッサージ器具などの家電製品や、サプリメントやオーガニックフード等の食品、色々なジャンルのエクササイズDVDなど、多種多様なダイエット方法が登場しています。
テレビ番組などでは、ダイエットに効果があるとされる食品が、多く購入され、店頭からなくなってしまう場合もあります。

ダイエットは正しい方法で行わなければ、健康阻害してしまう恐れがあります。さらに、体が、飢餓状態と勘違いし、リバウンドを起こしてしまうケースがあります。ダイエット中は、少なからず体に負担をかけてしまいます。そのリスクで、ストレスを感じやすくなってしまいます。

健康は、バランスのとれた食事、適度な運動、充分な休養の三本柱から成り立っています。この三本柱のどれが崩れてしまっても、健康がなりたちません。
体への負担を少なくしながらダイエットする方法としては、自分の体型に合った摂取カロリーを維持し、運動を行うことで筋肉をつけ、基礎体温を上げ、普段の生活の中で、消費カロリーを上げることがポイントです。運動でダイエットを行う方法としては、マラソンなど、体に短期的に重い負荷をかけてしまうものではなく、有酸素運動がお勧めです。

体に多くの酸素を取り入れ、長い時間ゆっくりと運動することで、ストレスも発散することができます。
さらに、ストレッチやマッサージを行うことで、体の血行を良くし、エネルギーを体の細部にわたって運ぶことができます。

冷え性改善の効果も期待できます。
冷え性は、万病のもと言われ、体内の血液の循環が悪いため、効率よく脂肪を燃やすことができなくなってしまいます。
そのため、お風呂などで、体を温め、冷え性を改善することが大切です。

お風呂に入った後で、政治や、ストレッチを行うことで、より血液の循環を良くすることができます。筋肉もほぐれやすくなります。
生姜や、唐辛子、ニンニク、カボチャなどの体を温める効果があるとされる食べ物を積極的に取ることもお勧めです。

運動でダイエットを行う場合は、適度な水分補給も大切です。
脱水症状になってしまうと、ドロドロ血になってしまいます。水分補給で、円滑に血液が流れるようにします。

運動でダイエットを行う場合は、継続して行うことが大切です。また、ストレスにならないように、自分にあう運動方法を検討し実行することが重要です。

運動でダイエットを行う場合は、継続的に運動を続けるために、目標を立ててから行うと続けやすくなります。
また、1人で行うのではなく、家族や友達などと協力して運動をおこなうと、楽しみながら運動することができ、挫折しにくくなります。
理想の体型を手に入れるため、自分に合ったダイエットを行い、自分のスタイルに自信をつけ、充実した生活を送りましょう。

人気の痩身エステはこちら

自分ではケアしずらい背中ニキビのケアはこちら

Comments
Simplue WordPress theme, Copyright © 2013 DicasLivres.org Simplue WordPress theme is licensed under the GPL.